読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gのココロ♂

もっと面白いことがあるハズ

いつか見たい桜

ひとりごと

お題「桜」

 

お題のタイトルに桜と出たので書いてみます。

 

昔行った九段下の桜がとてつもなく綺麗で忘れられないんですよ。

 

なので、いつか大切な人ができたら一緒に行きたい場所の1つです。

 

あそこの桜は本当に綺麗で、本気で感動しました。

 

年に一度しか咲かない桜だから、いつか彼氏と呼べる人と必ず行こうと決めてます。

 

数年彼氏がいないけど、いつか俺にも大切に思える彼氏ができるのかなー。

できたらいいな(*^^*)

 

 

 

 

彼らが本気で編むときは、

♂×♂のG話

この映画、生田斗真性同一性障害の役を演じるんだよね。

 

ちょっと興味があるから見に行ってみようかな。

 

土曜日席取れるかね^^;

懐かしい恋愛

♂×♂のG話

俺の中にずっといい思い出として残ってる元彼が2人います。

 

1人は学生時代に付き合った年上の人。

 

もう1人は社会人で付き合った年下の人。

 

それぞれに全く違う思い出ですが、出会えて良かったと今でも思える恋愛でしたね。

 

1人目はよく語り合いました。ドライブなんかにも連れてってもらったし、彼の女友達含めて3人で宅飲みしたり。

 

もう1人はとにかく笑いの多い恋愛でしたね。初めての沖縄はその彼と一緒に行って、とにかく楽しい恋愛でした。

 

終わった時は痛んだ胸も、今となってはいい思い出。

あの時出会えたからたくさんのありがとうをもらえたんだと思います。

 

でもね。

 

コイツはダメだ!!って思った元彼も2人いましたー(笑)

 

 

 

暇な時

ひとりごと

毎週バドミントンやってるので、そこそこプライベートは楽しんでるつもりです。

 

土曜日は練習、日曜日は家のことやって。

 

でも、練習が休みの日はやることがなくなってしまうんですよね。

 

こんな時、彼氏と呼べるような人と楽しい時間を過ごすのもいいなと思ったりするんだけど、なぜなのか昔から、自分は1人で生きて行く運命なんじゃないかなぁ、と漠然と感じたりします。

 

小学生の頃から鍵っ子だったせいか、実家を出ても1人は意外と平気でした。

 

会社の同期も辞めていったり自分が辞めたりで、気づけば色んな場面で1人なんですよね。

 

それが悲しいかと言うとそうじゃない。そういう人生なんだと思ってるから。

 

だから、暇な時は何か好きなことでバイトでもできないかなぁと思ったりします。

 

勉強とかジムとかも考えるけど、もっと違う楽しいことって何かないかなぁ、と探し続けてます(^^)

いつ来るんですか?

ひとりごと

昔話ですが、しつこく勧誘されたことがありまして。


ある日呼び鈴が鳴って。


学生時代で1人暮らしして間もない頃だったしオートロックもないアパートだったから、誰が来てもドアを開けちゃってたんだよね。


で、何かと思ったら、


『アナタハ神ヲ信ジマスカ?』


とか言い始めてわけわからんくて


『?????????』


だったんだけど、
そっからベラベラしゃべりまくるんですよ。


途中で、信じないからいいです!って断ってるのに聞く耳持たずで話し続ける始末...


『やがて来る平和な世界が~』と言われたので、んもぉーと思いながら


『いつ来るんですか?』と聞いたら答えれず。


『何で今来ないんですか?』と聞いたら答えれず。


『まさに今飢餓なんかで苦しんでる人はなぜ助けないんですか?』


と言ったら、『ちゃんとした考えをお持ちなんですね』だと!


いやいやいや、アンタ!


宗教は自由なので偏見はないです。ただ、それを変な形で利用する人がいるから嫌なんです。


信じて自分自身が幸せになれるならそれは素晴らしいこと。その上で胸を張ってやってることを自慢できるなら尚素晴らしいと思う。


ただね、押し付けとか無理やりとかは良くないよね。

 

人の人生や幸せってのは、人それぞれです。

 

 

 

添い寝大好き

♂×♂のG話 ひとりごと

唐突ですが、添い寝とハグってすんごく好きです(笑)

 

特に全裸で布団に入って添い寝とハグするだけでとても幸せな、そして不思議と安心感がありますね。

 

それ以上はあってもなくてもいいんだけど、でもやっぱり不思議な幸せ安心感覚。

 

まぁ、男同士だし、触り合いくらいはしちゃうだろう(笑)けど、エッチがなくても全裸で添い寝ハグはオススメです(笑)

 

 

 

 

失恋後の不思議な出会い

♂×♂のG話

ここ最近1つの恋を終わらせました。

出会ってからほんの1ヶ月だったのですが。

お互いの価値観も生き方も全てが違う、でもなぜか好きという関係でした。

 

このまま一緒にいてもお互いに幸せになることはないという結論になったので、そういう関係は終わらせることにしました。

 

1ヶ月なのでさほど深い傷はないものの、やはり胸が痛むことはやはりあり。

 

何かに集中することで考えないようにしてました。

 

そんな時、不思議と自分にとって良い出会いがあり。

その人達のおかげで本当に傷を癒してもらえたんですよ。

 

小さな傷はたまに痛んでいたけど、もうかさぶたが取れて、あとは自然に傷跡が消えるのを待つだけの気にならない状態までに。

 

出会いってものは本当に不思議ですな。

 

いつか恩返ししないと(*^^*)

人から受けたご恩は絶対忘れないです(*^^*)